リスク(LSK)の将来性が来そう!?今が買い時な7つの理由とは

リスク(LSK)は同様のプラットフォームからイーサリアム(ETH)と比較されがちな仮想通貨です。

 

しかし近年リスク(LSK)は、さらなる利便性と完成度を追求して常にテクノロジーの向上に力を注いでいます。

 

専門家たちも注目する近い将来リスク(LSK)がリードするかもしれない7つの理由についてまとめました。

 

仮想通貨リスク(LSK)とは?

リスク(LSK)とは、オープンソースのプラットフォームを活用したスマートコントラクトで開発者が分散プログラム言語をJavaScript(ジャバスクリプト)プログラミング言語で書くことができるのが特徴です。

 

リスク(LSK)は独自のカスタムトークンを発行して、リスク(LSK)ネットワーク上にリンクさせたサイドチェーン上にアプリケーションを構築できる機能を開発者に提供しています。

 

ブロックチェーンテクノロジーをよりアクセスしやすい形態に構築する目的で誕生したリスク(LSK)は、2016年5月にMax Kordek(マックスコーデックス)とOliver Beddows(オリバーベドウズ)がCryptiから派生させたものです。

 

リスク(LSK)はイーサリアムと同様のスマートコントラクト形式のフラットフォームで、発行枚数は、開発者のプログラムが増加するたびに相乗するため、上限は決まっていません

 

リスク(LSK)は、ジャバスクリプト言語を使用して開発者がアプリケーションを構築し、公開、配布、収益化することか可能です。

 

リスク(LSK)の将来が来る?今が買い時な7つの理由!

リスク(LSK)は、2016年5月リリース後10円〜20円という安値でした。

 

2017年5月末頃から上昇し、一時300円〜400円台に登りその後インドの仮想通貨取引所が取引開始したことから800円まで高値を付けました。

 

2018年6月現在、800円前後で安定を続けています。

 

リスク(LSK)には、ブロックチェーンテクノロジーを駆使しながらも独自のサイドチェーンという技術を導入したり、テクノロジーのアップデートに余念がないリスク(LSK)です。

 

多くの仮想通貨専門家達が、今後リスク(LSK)が将来有望なアルトコインと考える理由が7つあります。今リスク(LSK)に投資するべき理由をまとめました。

 

理由1.サイドチェーンの採用

リスク(LSK)の開発したサイドチェーンとは、メインとなるブロックチェーンの補助で存在するチェーンテクノロジーです。

 

メインのブロックチェーンでは処理しきれないトランザクションをサイドチェーンを活用して行う目的で開発されました。

 

サイドチェーンがもたらすメリットは次の3つです

 

1.メインの通貨とサイド通貨の交換や移動ができる

メインチェーンの通貨とは異なるサイドチェーン用の独自の通貨を使用し、お互いが移動、交換をできるメカニズムが形成されています。

 

従来のブロックチェーンシステムは、ビットコインをXCPというトークンに変換することは可能でしたが、その逆はできませんでした。

 

サイドチェーンシステムは、双方向ペグ(two-way pegging)という方法でメインコインとサイドコインの移動や交換ができるようになりました。

 

このメカニズムによって、ブロックチェーンテクノロジーを使うビットコインのトランザクションに10分を要するのに対し、10秒で1つのブロックを形成することができるスピード化に成功しました。

 

2.サイドチェーンはセキュリティがしっかりしている

スマートコントラクトを同じように採用しているイーサリアム(ETH)にはサイドチェーンシステムは起用されていません。

 

万が一ハッキングの被害が生じた場合は、メインソースを全て変更して、既存のシステムを破棄しなくてはならなくなります。

 

一方リスク(LSK)のようにサイドチェーンを起用していれば、メインソースにダメージを与えることなく、サイドチェーンを切り離すことができるので、対策が講じやすいのが特徴

 

サイドチェーン運用は、安心のセキュリティシステムであると言えるでしょう。

 

3.スケーラビリティ問題解決し手数料が安くなる

イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトがメインチェーンに全て取引処理を記録するのに比べ、リスク(LSK)のスマートコントラクトシステムは、分散型アプリケーション(Dapp)が複数形成することができ、サイドチェーンを利用して記録が行われていきます。

 

そのためビットコインが抱えているスケーラビリティ問題が解消され、メインのブロックチェーンの負担を軽減することができ、手数料も軽減されるのが特徴です。

 

理由2.JavaScript(ジャバスクリプト)言語

リスク(LSK)は、プログラミングの方法にジャバスクリプトを採用しています。

 

ジャバスクリプトとは、コンピュータプログラミングをする際に使用される言語で、日常私たちがコンピュータで検索の様な単純作業をする場合も、ユーザー側のブラウザとWebサイト側のやり取りが円滑になるために使われている技術

 

ジャバスクリプトを仮想通貨のプログラミングで使用することのメリットは、エンジニアたちに浸透している言語で、非常に扱いやすいこと。

 

開発者をトレーニングするのに時間がかかっては、仮想通貨の開発や進化に後れをとってしまいます。

 

リスク(LSK)は、最先端のトップエンジニアでなくとも入りやすいジャバスクリプトを採用し、プログラミングを容易にしたのです。

 

 

もう一つのメリットは、ジャバスクリプトの柔軟性

 

ニューテクノロジーであるブロックチェーンは、日々進化を遂げています。

 

新しいフォーマットの開発やアプリケーションを構築する際、ジャバスクリプトは柔軟性を持って対処することができ、グレードアップが簡単にできることが強みです。

 

理由3.Proof of Stake(プルーフオブステーク)の採用

ブロックチェーンシステムにおいて、取引を認証するために説かなくてはならない計算があるのです。

 

ビットコインの例を挙げれば、認証方法にProof of Work(プルーフオブワーク)を使用しており、ハッキングの危険を回避するためにある程度の仕事量が課されています。

 

そのため、プルーフオブワークを使用したビットコインは計算に時間がかかり、認証まで約10分を要します

 

プルーフオブワークは、計算するのにハッシュ関数というものを用い、認証作業の経緯は次のようになります。

1.ビットコインの取引単位(ブロック)に送金額、送金者の情報、nonceというランダムな変数が含まれている
2.一定数の0の連続で始まるハッシュ値と呼ばれる数字に続くnonceを総当り的にあてはめ、最終的にハッシュ計算からプルーフオブワークを求める

つまり、ハッシュ値に答えのヒントが無いため、正しいnonceを見つけるために、総当りをする必要があり、計算式を完成するのに時間がかかります。

 

一方リスク(LSK)が採用しているProof of Stake(プルーフオブステーク)は、「資産保有による証明」のことを指します

 

ハッシュ計算によって認証を求める手順は変わりませんが、コインの保有量と保有期間によってコインエイジが大きいほど、簡単にマイニングが行えるシステムです。

 

ハッシュ計算は、総当りではなくコインエイジの大きいものは、既に範囲が狭まった数字が配布され、コンピュータ性能やエネルギーに負担がかからない仕組みになっています。

 

 

プルーフオブステークは、ブロックチェーンでコインエイジが大きい方が有効になる特徴があります。

 

ハッキング攻撃をするためにはそれを上回るコイン量が必要ですので、容易にアタックを受ける危険を回避することもできるのがメリットです。

 

同時に、計算がスピード化されるため、認証時間も短縮されます

 

イーサリアム(ETH)は、リスク(LSK)と同様のスマートコントラクトシステムで同じような開発や作業が行えますが、マイニングにおけるシステムは現在まだPoW(プルーフオブワーク)からPoS(プルオブステーク)への移行は完了されていません。

 

セキュリティ面から考えても、ブロックチェーンのマイニング法として先端技術を更新していると言えるでしょう。

 

理由4.ヘルスケアブロックチェーン開発

ブロックチェーンテクノロジーは、近い将来色んな業界でその利便性を証明することになりそうですが、近年最も注目されているのは医療業界での活用。

 

調査会社のデロリットによると、ステークホルダーの4分の1以上が5百万ドル以上の投資を表明し、医療業界に投入されるブロックチェーンシステムは将来有能と期待が高まっています。

 

 

医療機関で実用的に求められるブロックチェーン技術は、ペースメーカーや、アクティビティトラッカー、などという様々な医療機器のデータを合理的に集約してネットワーク管理できるシステムです。

 

具体的には、病院側、患者、保険会社などの3者が別々の情報を保有するのではなく、手術受診が簡潔かつスムーズに行われるために、カルテなどにブロックチェーン技術を採用することで、患者への円滑な医療処置が行えるようになると考えられています。

 

 

カルテが閲覧できるネットワークがつながれば、薬の処方箋や、流通や規制に至るまで、情報開示が行われ、過去の履歴も簡単に取り出すことができ、ヘルスケア全体の環境を向上することに繋がるでしょう。

 

リスク(LSK)アカデミーでは、ブロックチェーンテクノロジーを医療現場へ投入する具体的な応用の構想について解説をしています。

 

現段階では、具体的な製品の開発には触れていませんが、リスク(LSK)が主催する菅あレンスなどが頻繁に行われ、ブロックチェーンテクノロジーが本格的に医療の現場で使用される日もそう遠くないことでしょう。

 

理由5.コア1.0アップデート

リスク(LSK)は、2018年5月18日デベロップメントのアップデートとしてリスクコア(LSK Core)のベータ版テスティングの発表をしました。

 

Core1.0についてはすでに4月の時点で一般公開されていましたが、1ヶ月後の現状報告がリスク(LSK)のウェブ上でアップデートされています。

 

 

Core1.0のコードベースの発展に伴って行われた309のコミットにより現在までで、80以上の問題が解消しています。

 

このCore1.0のデベロップメントで今回大きく成果が見られたのは、メモリーリーク問題の解決です。

 

さらに開発中に新たに、ネットワークブロードハッシュと新しいブロックの生成にはネットワークピアに整合性がないという問題が発見されました。

 

 

簡単に言うと、例えば偽造されたブロックが入り込んだ時に、そのブロックが正しいかどうかを調査して書き直すのではなく、偽造のブロックを再生してしまうエラーがあるということです。

 

このエラーについてはこの後すぐに修正が行われたようで、現段階では最終確認とテストが施行されています。

 

 

リスク(LSK)のウェブ上で公開された最新のアップデートは2018年6月8日。

 

ブログの内容では、リスクCore1.0.0のベータ版テストとバージョン1.0.0ベータ8のリリースに向けて開発チームの健闘が続いているようです。

 

理由6.リスク(LSK)リブランディング

リスク(LSK)のWebブログ上に2018年2月9日付けで、リスク(LSK)のリニューアルの発表が公開されています。

 

仮想通貨業界においてもリニューアルはそう珍しくないことで、2017年6月AntShares(アントシェアーズ)は、NEOという名称に変更しています。

 

他にも即時取引ができるようになったスピード化に合わせて、2014年リリース当時Darkcoin(ダークコイン)という名前だったのが、現在はDASHに改名され通貨イメージが向上するリブランディングが施行されました。

 

 

リニューアルの開催イベントでリスク(LSK)は、500人にも及ぶコミュニティメンバーや報道関係、ブロックチェーンのパイオニアを招き、YouTubeのライブストリームでもその様子は公開されました。

 

イベントの中で述べられた共同設立者マックス氏のリニューアルの狙いは、リスク(LSK)の新しいデザインとUI,UX戦略に尽力し、ウェブサイトの充実化、ウォレットとエクスプローラー機能を備えたリスクアプリを公開したいという意向。

 

このリニューアルで、最も顕著に変化したのは、リスク(LSK)のロゴ。

 

以前の立体的な画像的デザインから、シンプルでインダストリアルなイメージに変化しています。

 

デザイン会社Taikonautenによるウェブサイトの製作によって、開発者にわかりやすくリスク事業に参入してもらいやすい内容へとリニューアルされています。

 

ブランディングによってのメリットは、ソリッドな商品イメージでしょう。

 

会社のカラースキームやテーマが一斉に整うことで、ブランドのイメージが定着します。

 

顧客や開発者にとっても、投資する仮想通貨の商品イメージは商品価値を決める要素となり、技術更新と同様に、これからの発展の重要なポイントと言えるでしょう。

 

理由7.SDK配布の告知

2018年2月に行われたリスク(LSK)のリニューアルイベントでも発表された、2018年の目標は、SDKの配布計画でした。

 

SDKとはソフトウェア開発キットのことで、開発者のために開発環境や資料の説明を詰め込んだセットを配布する予定。

 

2018年6月現在、ウェブサイトで画面の表示までは準備されていますが、実際のSDKの配布までは至っていません。

 

リスク(LSK)投資家の間では、2018年夏をめどにCore1.0やSDKについても完全に完了する見方や、2020年とする見解もあり、今後の動向が気になるところです。

 

リスク(LSK)を投資するならどこで買うのがお得?

リスク(LSK)は、日本国内で取り扱いがあるのはBitFlyer(ビットフライヤー)とCoincheck(コインチェック)です。

 

コインチェックは2018年1月27日にハッキング被害を受けてから投資者から嫌煙されているのが現状です。

 

またサイトへの登録が一時的に規制されていますので、新たにコインチェックでの取引は難しいと考えられます。

 

ここではBitFlyer(ビットフライヤー)でリスク(LSK)の買い付けをする方法をご紹介します。

 

BitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは、ビットコイン(BTC)や日本初のモナコイン(MONA)に力を入れている取引所ですが、日本国内の取引所では希少なリスク(LSK)の取り扱いがあるので、海外取引所が苦手という方にはおすすめです。

 

ビットフライヤーでは板取引ができるのはビットコインのみで、アルトコインは販売所で購入することになります。

 

<ビットフライヤーの手数料>

日本円入金手数料:各金融機関指定料金
日本円出金手数料:三井住友銀行…3万未満216円、3万以上432円
         三井住友以外…3万未満540円、3万以上756円
リアルタイム入出金手数料:入金…3万円未満216円、3万以上432円
             出金…324円
リスク売買、買い取り手数料:0.00000001LSK

 

<ビットフライヤーのメリット>
初心者にも見やすいチャートやアプリが人気

リスク(LSK)を含め、ビットフライヤーで取り扱いのアルトコインは全て販売所形式です。

 

サイトの画面も注文履歴、コイン売買、日、週、月の選択ができる1種類のチャートが表示されるのみで、分析機能や指標の選択も無いため見やすく使い易いのが特徴

 

セキュリティ対策が充実

ビットフライヤーでは顧客の資金とビットフライヤー保有の資金は区別して管理されています。

 

銀行口座についても顧客用と自社の現金の取り扱いは別口座で行い、混乱の起きない体制を整えています

 

仮想通貨の送付にも、ビットコインアドレスとは違う複数の署名が必要となるマルチシグ(マルチシグニチャ)を採用しているため、万が一ハッキングによって秘密鍵が漏洩しても全ての秘密鍵が解析されない限り、プラットフォームに侵入することは不可能です。

 

さらにマスターキーをネットワーク接続のない環境に保管し、秘密鍵を紛失した場合の保険として安心なシステムです。

 

大手の企業がバックアップしている

ビットフライヤーは株式で資金調達をした日本の企業です。

 

バックアップ企業には、SBIホールディングス、三菱UFJ銀行、三井住友海上、リクルート、電通、GMOインターネット、といった金融系を中心とした大企業の名前が連なっています。

 

仮想通貨業界はまだ安定感に欠けるニュービジネスで、企業が資産を投資するには信用がなくてはなりません。

 

ビットフライヤーは、日本の代表格である金融会社やベンチャー企業などから資金調達ができる信用のおける会社と言えるでしょう。

 

仮想通貨損失被害補償が適用される

仮想通貨取り扱い販売所としては非常に稀な、仮想通貨損失補償が受けられるサービスがあります。

 

仮想通貨取引において不側の損失が発生した場合に、ビットフライヤーが提携している損害保険会社によって資産の補填が充てられる保険に加入しています。

 

補償は、2段階認証を設定しているユーザーのみ対象で、不正な日本円の出金が発生した場合に適応されます。

 

BINANCE(バイナンス)

BINANCE(バイナンス)は、中国上海の取引所です。

 

2017年に設立されてからあっという間に世界の最大の仮想通貨取引になっったことでも有名。

 

以前は日本語の変換機能がありましたが、現在は英語、中国語、ポルトガル語やフランス語など12か国で表示が切り替得ることができます

 

手数料が非常に安いことでも知られている取引所ですので、英語に抵抗がない方はリスク(LSK)の購入はバイナンスがお得です。

 

バイナンスの特徴やメリットをご紹介します。

 

<バイナンスの手数料>

仮想通貨取引手数料:0.1%
入金手数料:無料
仮想通貨送受手数料:0.1LSK

<バイナンスでリスク(LSK)を買うメリット>
仮想通貨の取引量とユーザーが多い

バイナンスは、現在世界一の仮想通貨取り扱い量を記録している取引所です。

 

2018年6月13日現在、バイナンスが取り扱う仮想通貨の銘柄は300以上

 

新しいコインが日々増え続けているので、取り扱いの仮想通貨はペアも含めてこれからもさらに増加し続けることが予想されます。

 

世界の中でも仮想通貨をより扱うボリュームがトップの取引所なら、多くのユーザーによってつねに取引が盛んに行われているため、希望の値段で取引が成立しやすい利点があります。

 

注文処理速度が早い

バイナンスの特徴は、処理能力の速さです。

 

1秒間に140万もの取引を処理することができる高速作業が特徴

 

注文を入れても処理が遅れることで売買が成立しないというジレンマに苛まれることがありません。

 

ビットコイン保有者には有利

バイナンスの取り扱う仮想通貨ペアは、BTC(ビットコイン)とETH(イーサリアム)、バイナンスコイン、もしくはUSDTです。

 

バイナンスへの入金は、取り扱いアルトコインもしくはトークンでのみ可能。

 

しかし日本国内の取引所でビットコインを所有しているならば、バイナンスに送金して直ちに取引を開始できるメリットがあります。

 

バイナンスコインで手数料50%オフ

バイナンスが独自に所有しているバイナンスコインに変換して運用することでさらにお得な取引が可能です。

 

バイナンスが保有するバイナンスコインをペアコインとしてトレードをした場合、通常の手数料0.1%が0.05%までディスカウントされる特典があります

 

リスク(LSK)の過去の動向に見る2018年の価格変動

2017年5月1年前のリスク(LSK)の価格は、60円〜80円といった低値を付けていました。

 

一度目の急騰が見られたのは、同年の9月初旬一時800円台を記録しています。

 

11月中旬には1000円を超え、2017年末から2018年初旬にかけ3000円台という高騰をきろくしました

 

2017年末の急高騰の理由として、11月にリリースされたリスクエクスプローラー1.4.0のアップデートの発表を受けた影響です。

 

同時にリスクのウォレットLisk Nano1.3.0が、アカウントの保存、メッセージの暗号化、新しいバージョンの告知機能が追加されることも予告され、この高騰は2018年の2月中旬まで続きました。

 

2018年2月18日の3300円を頂点に、以後現在6月13日に至るまで、価格は徐々に降下し600円〜700円台に落ち着きを見せています

 

仮想通貨のアナリストたちが予測するリスク(LSK)の将来性は、長期投資での利益率があがる通貨であるという見方が強いようです。

 

その理由は、リブランディング以降アプリケーションのアップデートやSDK配布などのロードマップを計画的に発信してきているからです。

 

2018年4月にリリースされる予定だったCore1.0の完了製品がお目見えするには時間がかかるようですが、SDK同様に投資家が期待する技術促進が徐々に進んでいることは間違いありません。

 

また去年後半から意欲的にリスクミートアップやカンファレンスを全世界で繰り広げ、リスクの技術革新や仮想通貨のポジションについて広く公開をしてきました。

 

この活動がやがて実を結び、今年中には10000円を超える高値で定着するとも予測しています

 

多くの専門家の予測ではこの5年間にリスクの価格は4500円あたりで定着すると考え、長期的利率の良さで、リスクに投資するメリットがあるという見方が強いようです。

 

リスク(LSK)が抱える懸念とは?

リスク(LSK)は、イーサリアム(ETH)と類似したメカニズムで比較されますが、技術進歩によって多くの利点を見出すことができます。

 

しかし、価格や通貨価値の動きが今ひとつ芳しくない理由は、根本的なスペックに疑問があるという専門家の声も聞かれます。

 

技術的な構造から懸念されるリスク(LSK)の2つの危惧をまとめました。

セキュリティが脆弱

リスク(LSK)は、ジャバスクリプトで書かれたプログラミングが容易なプラットフォームです。

 

リスク(LSK)のジャバスクリプトへのセキュリティの危険性は、実際にたくさんのプログラマーたちが懸念する脆弱性を秘めています

 

リスク(LSK)のWebデベロッパーの見解は、ジャバスクリプトでの開発は、近年大企業の間でも一般的になって、簡単に変更ができる魅力と好転的なアピールを表明。

 

 

その一方でプロフェッショナルなプログラマーたちの間では、XSS攻撃(クロスサイトスクリプティング)といって、Webサイトへのハッキング手法で、「他人のWebサイトへ、悪意のあるスクリプトを埋め込む」行為を招くと考えられています。

 

現在の開発段階では、リスク(LSK)はセキュリティ強化に万全を期すため、ユニットテストのコードカバレッジに尽力を注いでいます。

 

Core1.0リリースに時間を要すのも、リスクが完璧な製品を追求しているためで、ジャバスクリプトの脆弱性は技術改新によって解決されると見る専門家もおり、リスク(LSK)プラットフォームのセキュリティ問題について意見が分かれているのが現状です。

 

Proof of Stakeの経済的な落とし穴

リスク(LSK)の認証法がイーサリアム(ETH)のPoWと比較して、向上したPoSとして認識されていますが、ここにも経済的に懸念される問題が隠されているという指摘があります。

 

PoSの認証法は、たくさんリスク(LSK)を所持していることで認証が早くなる利便性が特徴。

 

そのため、コンピュータスキルによる解析の速さではなく、経済的大小によって認証先が振り分けられる不公平さが生じる側面があるのです。

 

同一人物がアカウントを増やし認証者同士で分裂を起こすと、正当な配当が行われなくなり、最終的にハードフォークするという混乱を招きかねません。

 

こうなれば、一時的に価格が急落し、リスクの値打ちを失う危険性も含んでいます

 

リスク(LSK)の将来が来そう!のまとめ

リスク(LSK)は、日本では取り扱う取引所が少ないため、関心を持ちにくい仮想通貨であるかもしれません。

 

多くの専門家は、リスク(LSK)のデベロッパーたちが技術飛躍に貢献できる高い知識と開発力を持っていると、長い目でみた向上に期待を寄せています

 

非常に好感が持てる点として、技術更新の状況を自身のウェブページで公開し、常に進行状況を開示していることです。

 

開発途中のプログラムの試験を幾度となく繰り返し、入念なチェックと確認によって最終的な商品を一般化したいという誠実な企業理念が将来に期待できる一番の理由と専門家はみています。